【Google Search Console】「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」の対処

【Google Search Console】「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」の対処

今日、Googleからこんなメールが届きました。

タイトル:
サイト http://smtlog.net/で「インデックス カバレッジ」の問題が新たに検出されました

本文:
http://smtlog.net/の所有者様

Seatch Consoleにより、貴サイトに影響する「インデックス カバレッジ」関連の問題が新たに1件検出されました。
「インデックス カバレッジ」はGoogle検索結果で悪影響を受ける可能性がございます。
この問題をご確認のうえ、修正することをご検討ください。

新たに検出された問題:
送信された URL に noindex タグが追加されています。

ほうほう。
なるほど、よくわからん。( ?-? )

とりあえず、メールにリンクされていたサーチコンソールへのボタンをタップして
詳しい内容をみてみました。

サーチコンソール画面キャプチャ

表示された内容をみてみると、どうもこの2ページにnoindexが入っているようです。

noindexはグーグルの検索結果にのらないようにするためのメタタグの一つです。
該当のページを検索エンジンにインデックスしないという効果があります。

原因がなんとなくわかったところで、対処法を調べます。
ということで、やっぱりGoogle先生で検索。

すると、こちらでわかりやすい解決法が。
Search Consoleで「送信された URL に noindex タグが追加されています」エラーが発生した場合の対処法 | ブロギングライフ

どうも、プラグインのGoogle XML Sitemapsが悪さをしているかもしれない。
そもそも先日サーチコンソールへ登録した際には、自分で作成したサイトマップはXMLサイトマップだったのです。
しかし、原因のあるページは「sitemap.html」と拡張子がHTMLになっているため
自分が設定していないサイトマップが悪さをしているみたいです。

調べてみるとWordPressのプラグインのGoogle XML Sitemapsが自動的にサイトマップを生成してしまうようです。

プラグインが自動で作成するHTMLサイトマップは使っていないからいらないよ!という人は
設定をかえましょう。

 

設定方法

WPの管理画面、プラグインから、「Google XML Sitemaps」の「設定」をクリック。

HTML形式でのサイトマップを含めるからチェックを外す。

ページをスクロールして「設定を更新」します。

WordPressプラグイン設定画面

 

さて、これで一つの原因は解決されたと思います。
修正後、サーチコンソールの画面へ戻って「修正を検証」のボタンを押します

するとこんなメールが。

メール

検証されてサーチコンソール画面に反映されるのは、数日から一週間程度とのこと。
のんびり待ちましょう。

もう1つ問題のページはアーカイブっぽいページで
こっちは、先日、自分で「All in One SEO Pack」でnoindex設定にしたと思うので、
そちらを見直したらよさそうです。
忘備録も兼ねて残します。どなたかの参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

意識低い系うぇぶでざいなー。ぬるく生きたい時短会社員ワーママ在宅勤務中。マーベル映画とゴールデンカムイが好きなオタク兼業主婦。旦那と1歳児息子と三人暮らし。雑記ブログ運営中。癌闘病中の兄を支えたい。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる