【WordPress】プラグインでバックアップをとろう!エックスサーバーの自動バックアップで二重で安心

バックアップイメージ

ワードプレスで作成した記事が少しずつたまってきたら、
「もしこの書いた記事が急に消えてしまったらどうしよう…」と考えたりしませんか?
また今までにやった面倒な設定を一から?どうやったのか覚えていない!しんどい!ってなるのは目に見えています。
そんな状態を防ぐためにバックアップを定期的にとっておきましょう。

目次

バックアップとは?

バックアップとは、何かシステム異常や装置の故障・データの破損に備えて、データの内容を複製し、別の記憶装置・メディアに保存することをいいます。

つまり、WordPressに何か異常あって、画面が真っ白!もうお手上げ!になる前にどうにか対策しておくことです。
ちなみに私はブログを開設して2日目で、エックスサーバーのサーバ故障により、ブログデータが0に戻ったことがあります。
まさか開設したばかりでデータ飛んでしまうなんて…信頼の厚いエックスサーバーでも、そういうことが起こるのですね。
データが消えた時には一から全部作り直しました。まだ1記事しかあげてないくらいの頃だったので諦めがつきましたが、今消えてたとしたらちょっと…いえ、かなり辛いです。

そんな体験も踏まえて、今回はWordPressでバックアップをとっていない方にはバックアップをおすすめします。

WordPressプラグインでのバックアップの取り方

手動でバックアップをとる方法もあるようですが、私、すみすは非常に面倒くさがりやです。
なんとか楽にバックアップをとりたいのでプラグインを探しました。
そして無料で、高機能と有名な「BackWPup」というプラグインを使用することにしました。

下記のサイトが非常にわかりやすく解説しているのでご覧ください。
「BackWPupで定期的に自動バックアップを取る」というところを読めば定期的にプラグインでバックアップをとる方法が紹介されています。

サルワカ | サルでも分かる図解説明マガジン
WordPressでバックアップを取る4つの方法(初心者向け)
WordPressでバックアップを取る4つの方法(初心者向け)WordPressでバックアップを取る方法をパターン別にまとめました。「テーマのカスタマイズ時」「プラグイン更新時」「定期的な自動バックアップ」「今すぐデータを保存する...

サルワカさんにはお世話になります。
この通りにしたらバックアップがとれるなんて、初心者には優しいですよね!素晴らしい。

さらにエックスサーバーでサーバーを借りてWPを管理されている方は自動バックアップという無料サービスがありますので、そちらもプラグインのバックアップと併せて使うことで安心です。

自動バックアップ機能|エックスサーバー

忘備録もかねて初心者のWPサイト管理者の方が考えるきっかけになればと思いました。

少しでも参考になりましたら幸いです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

意識低い系うぇぶでざいなー。ぬるく生きたい時短会社員ワーママ在宅勤務中。マーベル映画とゴールデンカムイが好きなオタク兼業主婦。旦那と1歳児息子と三人暮らし。雑記ブログ運営中。癌闘病中の兄を支えたい。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる